読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薪ストーブで冬眠したい

のんびり楽しく暮らしたいです。主に薪ストーブライフ(ドブレ640CBJ)、料理、家作り、子育て、アウトドア、音楽について、 日々感じたことや調べたことを備忘録的にアウトプットしていこうと思います。 静岡県中部。

これな~んだ/床材を塗装する話

こういう話題でお茶を濁してごめんなさい 笑
これ、結婚のときに市役所から記念樹としてもらった苗木を植えてあったものなんですけど、ちょっと面白いので紹介します。

f:id:mishimasaiko:20170517160001j:plain

うちの娘ちゃん(12ヶ月)が触りたくて仕方のない、桃色のかわいらしい花です。
で、これが3月の終わりから4月の頭くらいの状態。
それが今はこう ↓

f:id:mishimasaiko:20170517160255j:plain

み、実が!!!

…なんと今年は花が散って実が付きました!!大きさも小さかったのがもう小さめの玉子くらいあります。

ということで、これな~んだ??
ヒント 梅ではありません。わたくしよくウイスキーのおつまみにします。

 

■無垢の床材を塗装する

この度完成した我が居城は、床にパイン無垢材30mmを二階まで全室(水周り、クローゼットの中まで全て)贅沢に使用しているのですが、その塗装についてです。

さすがに床の塗装は面積も大きく、塗装業者にお願いしました。で、「色を決めてください」と塗装業者が指定してきたのは塗料がノンロット

f:id:mishimasaiko:20170517160840j:plain

ネットでもサンプルが見れるほぼほぼメジャーな塗料のようです。

f:id:mishimasaiko:20170517160823j:plain

正直言って、こんなちっちゃなサンプルじゃどうもイメージ湧きませんよね。
そこで配色の参考にすべくネットで「床 塗装 配色」なんぞでググってみたところ、当然オシャレな画像がわんさかと出てきますが…

…でも結局は「何の木材に」「どの塗料を使ったのか」が分からないので参考にはなりませんでした。

なので実際に「これかな?」という色を塗り別けて比較してもらいました。
↓30mmパイン材にノンロットのナチュラルオークとダークオークです。

f:id:mishimasaiko:20170517161226j:plain

暗い方がダークオーク、明るいほうがナチュラルオークです。見本で見るよりもなとなくナチュナルオークの黄色さが目立ちますね。ダークオークも塗り方にもよるんでしょうけど、思ったよりは薄く着色し木目を感じられる印象です。

で、当初ナチュラルオークを意識していましたが、結果的に採用したのはダークオークでした。これもまた広い面積で見たら印象は違うのでしょうけど、さすがに広い面でのサンプルは作れなかったので…。

↓結果

ビフォー

f:id:mishimasaiko:20170517161632j:plain

↓アフター

f:id:mishimasaiko:20170517161717j:plain

うーん、しまりますね。もともと無垢材ならではの「節」が目立ったのですけど塗装したことによって良い意味で目立たなく一つのアクセントのような雰囲気になりました。

f:id:mishimasaiko:20170517161740j:plain

階段(40mmくらいあるパイン集成材)の色と比べると一目瞭然ですね。

これは全て塗装数日後の写真ですが、塗装から1ヵ月経過し、実はもう少し色が変わってきています。これは塗料が木の組織の中にゆっくりと浸透したことと、日光での初期の変色のためと思われます。(塗料が落ち着いた後はそこで色も持続するものと思われます)


ついでに柱と梁はノンロットのクリーンクリアーです。天井は無塗装。

f:id:mishimasaiko:20170517162217j:plain
元の白木の感じが少し濡れた感じの照りになりました。
元々はここもダーク系の色にしようと思っていたのですが、建築中に元の色を見てしまうともったいなく感じてしまって…
だったら無塗装でもいいじゃん、と思いますが、そこはノンロットの防カビ、防腐性能に期待してのことです。

まー、何年後かは分かりませんが、飽きたらリフォームで塗りなおしてもいいですしね。

 【まとめ】

①インテリアの配色について本など眺めつつ、いろいろとイメージしていたけど建築現場で白くてきれいな木がたくさん入ってるのを見ると、「木のナチュラルな色もいいなー」となり、イメージがブレる。
②塗料のサンプルはあまりあてにならない。実際の木材に塗ってみて比較した方がいい。
③そういう「サンプルを作ってくれる」「イメージに合うのがどのメーカーのどの製品、色なのか相談に乗ってくれる」そういう業者に依頼する。

③が一番大切かもしれません。ハウスメーカー依頼の場合は、営業さんに一元的に話をして頼めばいいけど、うちのように分離発注だとちょっとコミュニケーションを取る相手が多くなってしまい大変かも。予算的に安くはなりますけどね…。

 

ということで今回もありがとうございました。

DIYで新居を整える。

閑話休題

ズバリ、パソコンの机が欲しいんです。ついでにアンプとかCDプレイヤーとかオーディオ機材をすっきり入れられるラックも欲しいんですよ。

ももう資金は無いんですよ…(´ω`)。(オーダーで作ったらきっとイイお値段するはず)

…作るしかないでしょ!!

↓その前に習作としてキッチンの棚を作成。2×4材を中心に作りました。シェルフリンクス使ったので超簡単。キッチンという特性上、水濡れもOKなように適当なウレタン塗装(食品周りなのでもちろんF☆☆☆☆)も。まぁ塗りムラはあるけどそこも味と思えば完成度はボチボチ。

f:id:mishimasaiko:20170509100857j:plain

 ↓今回設置する場所。2階のオープンスペースにカウンター型のデスクをこしらえたいです。実際にCD棚やスピーカーを床置きするスペースも残さないといけないので実際に取れる天板のサイズは1900mmあたりが妥当でしょうか。

f:id:mishimasaiko:20170509101139j:plain

こんな感じのを。幅1900×奥行450×高さ750で考えてみました。

f:id:mishimasaiko:20170509110657j:plain

善は急げ。ホームセンター(ジャンボエンチョー島田店)で材料購入。わたくしホームセンター大好き。

材料は…

  • パイン集成材 (本当は無垢材がいいけど、高いし反りが出るので今回はあえてのパイン集成材です。
  • 金具
  • ダボレール
  • ネジ
  • 塗料(ブライワックス)
  • など

①木材をまっすぐ切る、って意外に難しい。なのでホームセンターの有料カットサービスは本当に有難いです。今回は4200×50×25と1920×450×30の板からパーツを切り出しました。

f:id:mishimasaiko:20170509101514j:plain

②紙やすりを何種類か使って荒い部分をなめらかに。あとは角が少し鋭いので手が当たりそうな部分は角の面取りも行います。

f:id:mishimasaiko:20170509101613j:plain

③そして塗ります。今回はブライワックスのジャコビアン

f:id:mishimasaiko:20170509110759j:plain

こいつの手順は本当に簡単。

  1. 繊維の方向に向かって塗る。多少ムラがあっても全然OK
  2. 15分くらいで乾いてくるので、亀の子タワシでガシガシこする。艶が出てくる。
  3. 数時間放置。乾いたら表面を乾いたボロ布でよーーくこすって磨く。以上

これだけでウットリするようなすごい良い艶感、手触りに生まれ変わります。もっと深みのある色を目指すなら、①~③の行程をもう一回重ねればOKです。
ビフォー

f:id:mishimasaiko:20170509101706j:plain

アフター

f:id:mishimasaiko:20170509101728j:plain

ああーーーー伝わらない。笑 いい感じですよ。

④せっかくなので「アイアン感」を出すべく、ステンレス無塗装の安っすい金具もスプレーで塗装します。

f:id:mishimasaiko:20170509101753j:plain

こいつ。「艶無し」ブラックがミソです。

↓ビフォー

f:id:mishimasaiko:20170509101835j:plain

アフター

f:id:mishimasaiko:20170509101941j:plain

うーん、適当に吹いた割にはいい感じ。本当は塗る前に金具の油脂を取り去るべくきれいに洗浄してからの方がいいと思います。

⑤パーツがそろったら組み立てです。
↓ 電動ドライバーでさくさく組みます。正直これがないと地獄です。(写真は棚板をフリーに組めるダボレールです。安いステンレスのをこれも塗装しました)

f:id:mishimasaiko:20170509102039j:plain

今回は完成形が大物なので現地で組み立てます。

f:id:mishimasaiko:20170509102114j:plain

⑥組んだらひっくり返します。

f:id:mishimasaiko:20170509102353j:plain
こんな感じ。

f:id:mishimasaiko:20170509102435j:plain

どうでしょう。
あとは棚板を載せれば完成ですね。これはまた後日必要な枚数切り出して塗装したいと思います。
夜。

f:id:mishimasaiko:20170509102511j:plain

左側にはアナログレコード、プリメインアンプ、CDプレイヤー、ターンテーブルが配置される予定。右側の棚はA4が入る引き出しを今後作成して収納していこうと思います。あとは配線をすっきりおさめるための金具をつけたり、ドリルで配線の穴を開けたりも考えていますが、そこはまぁ使いながらやっていく方向です。

 

 

【残念】ストーブ本体が入ったものの…【無念】

前回、ようやくストーブ本体工事が終わりめでたしめでたし…にはならず。

当初の想定を裏切る現実がそこにありました。なんてこったい。

kanaya.hatenablog.com

f:id:mishimasaiko:20170501131505j:plain
↑解りますかね??

答えは「炉台が奥行1200、幅1800あるのに、ストーブ前面に全く余裕がない!!!!」です。
実質300mm以下です。困るよ。

f:id:mishimasaiko:20170501131612j:plain
横から見るとこう。
どうしてこうなった…

言うまでもありませんが、快適な薪ストーブライフを送るために炉台の広さは実に重要なポイントと言われています。
詳しくは薪ストーブ界で神扱いされてる方々のブログでも時々語られています。

kawahara1967.blog93.fc2.com

kawahara1967.blog93.fc2.com

3尺コーナーでは幸せになれない(薪ストーブを設置するにはどれくらいのスペースが必要か) | 函館の薪ストーブ屋 ファイヤピット 熾壺日記

不肖、わたくしも神々のアドバイスを元に、当初から「なるべく背面の遠隔距離を短く取り、前面の余裕をもたせる」を主張しました。
そのために自分なりに炉台のデザインをし、メトスのマニュアルを見ながら遠隔距離を計算し、算出した寸法をもとに天井開口部についても指定していたのですが…

f:id:mishimasaiko:20170501131910j:plain

↑ガヤ作成による当初のイメージ。実際は1200×1800の炉台になりました。
&この時はまだブロック積みの炉壁を想定していたので100mm取っていますが実際は鉄板のヒートシールド設置になり薄くなった分、更に遠隔距離は狭く出来るはずだった。


考えられる原因:大工さんの煙突開口部の間違い。≒連絡調整ミス。もしくは開口部に関するこちらの指定を聞き流されていた?自分で作成した図面も渡して伝えたけどほとんど見てもらえた形跡ないし…

まぁ、そりゃ開口部がズレてれば、煙突の位置もズレるよね…

は~新築物件なので室内曲がり煙突にしないといけないのか…?正直、建物完成後の唯一のガッカリ感がここで、虚脱が凄いですが、一応対応を考えねばなりません。

 

【俺の前に今、4本の道がある。】

  • ルート① 多少使い勝手が悪いが無視して使う。(なかったことにする)
  • ルート② とりあえず一年使ってみて考える。(先延ばし)
  • ルート③ 煙突そのままに本体の向きを90度変え、縦長の炉台として使う(ローコスト対応。)
  • ルート④ ストレート煙突の途中に45度とか30度の煙突部材を追加して煙突位置をずらす。(ストレート煙突よりはドラフトが落ち、煤の付着も起こりやすく、掃除も少しやりにくくなる。修正工事のコストも掛かる。)

正直、これは有識者のご意見を伺いたいくらいです。
ストレート煙突の途中に斜めの部材を入れると、ドラフトの減衰、メンテナンス性の低下等、どの程度デメリットが発生するものでしょうか?
また斜め部材を入れるとして、高い位置がいいのか、低い位置がいいのか、あまり気にしなくてもいいのか?

ご意見お待ちしております。

遂に薪ストーブ本体工事

ようやくこれで薪ストーブブログに…涙

時は、引越日の前日に遡ります。

f:id:mishimasaiko:20170429233427j:plain
遂にキター!!!
ドブレ様キター!

…落ち着け。

本体の前に残った屋内側の煙突施工です。

f:id:mishimasaiko:20170429233535j:plainうつくしい…

f:id:mishimasaiko:20170429233624j:plain
メトスの断熱二重煙突。安定の国産品。ダンパーもお願いして付けてもらいました。

f:id:mishimasaiko:20170429233958j:plain
2人がかりで搬入。
アート工房Yさん「バラした状態で100キロあります」

f:id:mishimasaiko:20170429234253j:plain
仮置き

f:id:mishimasaiko:20170429234318j:plain
鋳物のくせにボルト無しでここまでバラせるのがドブレの凄いところです。
アート工房Yさん「これはほとんどバラせちゃうんでメンテナンスが凄く良いんですよ~」
「5年10年使ってるとその良さが云々…」
ちなみに、申し遅れましたが今回、施工をお願いしたのはドブレ特約店のアート工房さんです。
わたくし「ブログに後姿とか写りこんじゃうかもしれないけどいいっすか?」
アート工房Yさん「ぜんぜんイイっす(軽)」

…フランクな方です。

組み立て、煙突との接続、位置の微調整。

f:id:mishimasaiko:20170429234528j:plain

f:id:mishimasaiko:20170429234551j:plain

f:id:mishimasaiko:20170429234616j:plain
完成!!

f:id:mishimasaiko:20170429234641j:plain

うーん。イイ。イインじゃない?????
感無量です。
ベビーダンのハースゲートも一緒に購入。設置してもらいました。うち娘ちゃん12ヶ月のポヤポヤですからね。

 

■しかし、しかししかししかしぃぃぃ!
実は、今回本体工事をして思わぬ失敗が露見しました。
わかりますかね?上の写真、おそらく見る人がみれば一発で解るミスです。
(あ、念のためアート工房さんの施工はすばらしく、そこに落ち度はないことを明記しておきます)
次回はそこについて書きたいと思います。

家、完成してました

すいません、引越やあれやこれやでバタバタしてまして…更新滞っておりました。

家の方は無事に4月頭に完成。
(真っ赤な棟梁が3倍の速度で作業した結果上棟から作業40日で全て完成。)
4月3日に完了検査。6日に表題登記完了。10日に税務課の調査。
20日に引越。27日に保存登記完了。融資実行。各業者に支払い実施。

その間、どれだけ忙しいって、そもそも3月末のど忙しい年度末のタイミングですよ。
4月頭からは娘ちゃんの保育園が始まるわけですよ。(準備とかね、あまり手伝ってないけど)
引越の準備もしないといけないわけですよ…。いろいろ手続きもあるわけですよ。
プラス、あ、登記って自分達でするんだった…って感じの忙しさで。
(というかまだ新居の体制が整っておりませんで、バタバタしておりますが。)

もう、ブログ??なにそれおいしいの…
「こうなったら月イチ更新ブログってことでいいよね☆」
…なんて思ってたんですが、その4月ですらもう終わろうとしてまして。

8月31日の小学生並みの焦燥感をもってペンを取った次第であります。
いやはや、大変申し訳ありませんでした。
更新もさることながら、普段巡回していた皆様のブログすらチェックできていない有様で…ホントご無沙汰してしまいすいません。

■ということで完成。
外観どーん。と言いながら駐車場&浄化槽が途中だな。
外構とかは住みながらボチボチやります。

f:id:mishimasaiko:20170429230818j:plain

キッチン。タイル屋さんに「予算内にやって☆」とおねだりして急遽採用したリクシルのガラスタイルがきれい。

f:id:mishimasaiko:20170429230857j:plain

 

f:id:mishimasaiko:20170429230913j:plain

二階まで、トイレも収納の床も総無垢材。

f:id:mishimasaiko:20170429231008j:plain

木の色、とアイアンの黒、壁のホワイトの調和でいい感じになりました。

f:id:mishimasaiko:20170429231026j:plain

ということで、がんばって明日も更新したいと思います。(やれんのか)

f:id:mishimasaiko:20170429231110j:plain

薪の夢でうなされる

昨夜リアルな夢を見ました。

  • 公園?駐車場?の工事現場で土木業者が作業している。
    その隅っこには工事で伐採されたであろう原木の丸太が適当に積まれている。
    「これは早く声をかけないと」と、焦って現場監督らしきお兄ちゃんに掛け合うわたくし。
    無事に承諾が得られるも中々の原木の山、
    「さて、この量だといつもの軽トラだと何往復になるかな」
    「今回ばかりはもうちょっと大きいトラック…2トン車とか4トン車どっかで借りれないかな…」
    「これだけあれば盛大に薪割会もできるし、あの人とこの人にも声をかけないとな~」
    「とにかく急がないと…」

…なーんて考えているうちに目が覚めました。
目覚めすっきりとはいかず、うなされて起きた朝の目覚め。笑
はい、これも薪ストーブユーザーあるある:薪に対する強迫観念ですね!
これに関しては、ブログ「薪とともに」さんの画像が最高に秀逸なので紹介しておきます。

www.makitomo.net

本質を突いたナイス画像。

●最近のお家の様子
足場もとれ、見た目はほぼ完成です。
内部はクロスも貼られ、内装の大詰めです。あと一週間で完了検査の予定なのでここまで一ヵ月半ほど。大工さんの腕がいいとこんなに速い。

f:id:mishimasaiko:20170330163923j:plain

炉台の裏に木の格子も入りました。なぜかクルクル回ります。笑

f:id:mishimasaiko:20170330164050j:plain

クロスも貼られていきます。あ、階段のアイアンの手すりがまだだ。

f:id:mishimasaiko:20170330164117j:plain

事務的な手続きも始まっています。
元の住所での、転出届、育児手当の手続き、こども医療費助成の手続き…
新住所の市役所での、転入、育児手当の手続き、こども医療費助成の手続き、印鑑登録…大変でしたが今回はママがかなりがんばってくれて、予定通りに進みました。
あと今回は表題登記も自分達で行うので、その準備も着々と進んでいて、法務局と何回か相談にも行き、ほぼ提出するだけになっています。(保存登記、抵当権の設定は金融機関のほうでやらせて欲しいということでノータッチです)融資実行に向けて、金融機関の手続きも残っています。

引越し準備もしなくてはならず、忙しいです。

今回、中身の無い更新ですいません。チューリップ咲いたし許して。

f:id:mishimasaiko:20170330170524j:plain

静岡県中部で薪ストーブと出会える店

薪ストーブを導入したい人あるある。
「実物を見てみたいけどどこに行けばいい?」
「あの機種を見てみたいけど、ストーブ店によって置いてあるメーカーが違うからな~」
「本では煙は出ないって書いてあるけど、ホントなの?」

f:id:mishimasaiko:20170323173806j:plain

ずばり、一年以上前の自分の状況です。とにかく実物を見たかった。
本やネットで得られる情報も多いですが、「サイズ感」や「質感」「存在感」はやっぱり実物を見ないと分からないですし、「安定燃焼までの立ち上がり」「炎の見え方(燃焼の様子)」「煙・臭いの実情」「温かさ」なども焚いている現場を見ないと分からないですからね。
※ 特に鋳物の表面の仕上がりは実物を見ないと分からなかったです。今回ドブレに決めたのもそこに惚れたところがあります。
※ 立ち上がりや燃焼の様子は煙突の仕様、薪の乾燥状態などでかなり変動するのであくまで参考としてということです。

ということで、今回は
静岡県内(主に中部)のストーブ発見記録になります。
(県外の人置いてけぼりな内容ですいません)
「薪ストーブのあるお店に行きたいな~」とか「お目当ての機種があるんだけど実際に焚いてるお店ないかな~」な時に活用して頂けたら嬉しいです。

 ※ 当然ですが個人宅と思われる目撃情報は外してあります。
 ※ 自分で実際に確認に行った現場もあれば伝聞情報もありますので、あまり情報の正確さにはこだわっていません。笑
 ※ なので既に設置していなかったり、機種が違ったらすいません。
 ※ むしろ情報が違っていたらコメント頂けると有り難いです。
 ※ 新情報もお待ちしています。

●飲食店
藤枝市 パブリックさん(イタリアン)
     ヨツールF400&こだわり自作ログハウス&自己施工煙突
藤枝市 メープルリーフさん(カフェ・レストラン)
     バーモントキャスティング イントレピット&角トップ
藤枝市 ゆるびく村カレーラーさん(カレー)
     ホンマ EV-203TX 
島田市 アルムさん(自家焙煎コーヒー専門カフェ)
     スキャン アンデルセン
菊川市 cafe cumicheさん(古民家カフェ)
     ピキャンオーブン

●インテリアショップ等
焼津市 フェアリーホームさん(インテリア&雑貨))
     セガン サファイヤ(ドブレ640CBJのOEM品)※製品展示のみ
藤枝市 マルジン創建さん(モデルハウス)
     ピキャンオーブン
菊川市 MKホーム富田展示場さん(モデルハウス)
     バーモントキャスティング アンコール&断熱二重煙突
・吉田町 BESS静岡中部展示場さん(モデルハウス)
     ドブレ ビンテージ35
藤枝市 ジャンボエンチョー藤枝店(ホームセンター)
     資材館の片隅にピキャンオーブン発見、その他ホンマ
藤枝市 古民家ギャラリーこころ庵さん(ギャラリー)
     スキャン アンデルセン

●薪ストーブショップ
藤枝市 焚火屋(日本薪ストーブライフ静岡)さん
     前にお邪魔したときはピキャンオーブン展示していた
静岡市 アート工房さん
     ドブレ640CBJ、ピキャンオーブンの火入れ可能(過去には700SL)
浜松市 伝兵衛堂さん ストーブ展示多数!

 

★今回のオマケ
当ブログがいかに弱小か分かってしまいますが、アクセス数を公開します。

f:id:mishimasaiko:20170323174615p:plain

しょーりゅーけーん!
ていうか…昨日なにがあったの…ねぇ…(新記録達成)

まぁ、これからもアクセス数とか気にせずやっていきたいと思います。