読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薪ストーブで冬眠したい

のんびり楽しく暮らしたいです。主に薪ストーブライフ、料理、家作り、子育て、アウトドア、音楽について、 日々感じたことや調べたことを備忘録的にアウトプットしていこうと思います。 静岡県中部。

雨の中の薪割りは苦行


今日は久しぶりに薪と向き合いました。
f:id:mishimasaiko:20170205214124j:image
いつもの原木置き場です。今回は直径が大き過ぎるものが多く、うちのチェーンソーでは厳しい&車に乗せるのが大変&12t薪割り機の負荷が高い、ので原木の山から適度なものをピックアップして作業開始です。人力なのでそれだけでも一仕事。今回ピックアップしたのは桜、ケヤキ、マキの木、ヒノキが中心になりました。(選べばもっと広葉樹あったけど原木の山から発掘するのも大変なので取りやすいところから取ってます)

さーて、今日は軽トラで2往復はしちゃうぞ!

…と思ったら、天気予報では午後から雨だったのに9時から降り始めました…。まぁでも小雨ならイケるかな?と作業続行。そしたら今度は玉切り3つ目してチェーンソーからチェーンが外れる…。全くもってついてません。仕方なく購入したホームセンターへ駆け込み修理。移動込みで1時間弱ロスです。

しかもその間に雨が本降りに(;д;)

悔しいのでなんとか雨の中、軽トラ半分くらい積み込むも、これ以上やったら雨でチェーンソー壊れるなってレベルだったので泣く泣く諦めました。服も水を吸って身体も冷えてきたし。
f:id:mishimasaiko:20170205222058j:image
とりあえず帰って薪割り機で割ります。雨が冷たいです。あと軍手がどうしても水を吸って冷たくなるので、大変に不快。それでも今日の原木は今日のうちに!で頑張りました。
f:id:mishimasaiko:20170205215544j:image
今日はコンディションが悪かったので半日がんばって軽トラ半分くらい。この後、車で数分の薪場に積みました。

しかし、これで0.4立米くらいかな?これだけがんばってもたった0.4ですよ!!半月分くらい?本当に薪作りは時間と労力がかかります。原木を切り、割り、積む、言葉では簡単だけど、尊い労力の塊です。

でも、だからこそ自分で作った薪への愛着ってのがあるんだな〜
この労力と愛着はお金には代えられない。だから、きっと自分は例え薪が余ってても人には売れないな。笑

薪を自分で作ってる人なら理解して貰えると思う。

育児と向き合う

ほやほやの赤ちゃんだった娘ちゃんも4月で1歳になります。

思い返してみると娘ちゃんが生まれてから生活と価値観が一変しました。女性はホルモンの関係もあり、子育てモードに心身が強制変化することが知られていますが、男性も(女性ほどの変化ではないまでも)例外ではありません。自分も随分変わったなと思いますし、娘ちゃんの一挙手一投足に振り回されていますが、それもまた幸せです。

で、育児中はどうしても目線が良くも悪くも内向きになりがちなのですが、世の中のパパはどのように生活しているのかが、ちょっと気になっていました。イクメンがどうとかこうとか言われますが、どう育児に関わりつつ、仕事含め生活の諸事情と折り合いをつけているのでしょうかね。

わたくしの平日のスケジュールです。

  • 7:00 起床
  •    お風呂のお湯を洗濯機に移し、スイッチオン(パパ)
  •   お風呂掃除(パパ)
  •    自分の朝ご飯
  •    娘ちゃんの着替え(ママ)
  • 7:50 出勤
  • 8:10 職場到着
  • 8:30 始業
  •    怒涛の仕事
  • 17:30~18:30 スーパーに寄りつつ帰宅
  •   夕飯の準備(パパ)
  • 19:00 3人で夕食&離乳食
  • 19:20 片付け(ママ)
  • 19:30 娘ちゃん&パパのお風呂
  • 20:00 娘ちゃん着替え(ママ)
  • 20:30 娘ちゃんミルク&寝かしつけ(パパ)
  • 21:00 娘ちゃん就寝
  •    パパの晩酌タイムw
  •    ママお風呂 
  • 夜中1~2度ミルクとおむつ対応(パパ&ママ)

ほぼ一年こんな感じでした。心がけとしては、ご飯の準備を担当しているので毎日遅くとも夜7時に夕食の準備が間に合うように帰宅しています。ママも育児の隙を見て、炊飯してくれたり、汁物を作っておいてくれるので非常に助かっています。自分の場合、ほぼ残業が無く身支度等を急げば5時ダッシュも可能なため、このスケジュールが可能になっています。(その代わり日中はわりと忙しく、効率的に業務をこなさねばなりませんが…)あとはとにかく育休中のママが日中がんばってくれているので、本当に感謝感謝です。

目指すところとしてはどちらか1人に負担が強くならないよう、2人でやってる、という形が今後も作っていければと思っています。

 

ということで、今回は何も読み物的価値のないエントリでした。

次回に期待!

家を建てます

建てる建てる詐欺的になかなか進まなかった家作りですが、ようやくスタートです。やれやれ。今月初旬に地鎮祭が終わり、先週に建築確認がおり、今週から基礎工事がはじまりました。来月中旬に上棟です。

振り返ってみるとコンセプトはこうでした。

  • シンプル。ガルバで囲ったキューブ型
  • 屋根はソーラーを載せたいので片流れ
  • 狭小住宅(建物に使える土地は13坪)
  • 隣に母屋があるので部屋はリビングと主寝室+α程度でいい
  • 狭いながらも広いスペースを確保する
  • 薪ストーブを導入する
  • 煙突を直通させたいので吹き抜けあり
  • 床は無垢材。なるべく木を使い、構造材も見せたい。
  • 安いこと(これ重要)

これを、大工さんと協力して分離発注的に建てる!!
(各業者→工務店間の中間マージンなし)

設計とかは…あまりそういうことが得意な大工さんではなかったので全て自分でやりました。(平面図、立面図、配置図など)
※ 確認申請はその図面をもとに外部の建築士さんに通してもらいました。

3Dマイホームデザイナーで作った完成予想図です。(ちょっと前のバージョンなので多少違いますが)

f:id:mishimasaiko:20170127141933j:plain

 


今思うと、建築家=高いという固定概念が強すぎて、自己流でやってしまいましたが必要経費と割り切って誰かにデザインお願いした方がよかったかも…

ま、もう遅いですが!!

費用はまあまあです。今回よく分かったことは、小さい家だろうが大きい家だろうが最低限かかるところは掛かるわけで小さい家=安いということにはならないということですね。結果的に、巷の一流ハウスメーカーよりは安いけど、ローコスト住宅よりは高い、位の価格になりました。

これは完全に見積もりと内訳があるので、いずれ公開できればと思います。(家作りのどんなところにどれだけコストが掛かってるかよく分かります)

薪置き場を確保せねば

いやはや、1ヵ月空いてしまいました。

だってまだ使ってないのにそんなネタないよ!

 

今のうちにできることとしては、とにかく薪の確保に尽きますが、いかんせんもう敷地には置ける場所はないので、交渉して親戚の家の空き地に置かせてもらうことにしました。以前のエントリで触れた放置薪の場所ですね。

 

で、そこに積むにしても現状いかんせん適当に積んであるだけなので、整理しないといけません。今回は、超簡単に単管パイプで棚を作ってみようと思います。

f:id:mishimasaiko:20170112135942j:plain

↑ 現地。コンクリートブロックこそ敷いてありますが適当に積んだ感、放置された感がすごいです。早速薪を崩して、コンクリートブロックを基礎に単管パイプを直交クランプでつなげていきます。

f:id:mishimasaiko:20170112140106j:plain

↑こんな感じ。奥行き2m、幅1mです。ここに二列積めるようにしたいと思います。

f:id:mishimasaiko:20170112140200j:plain

↑ こんな感じ?単管を初めて使ってみましたがあまりの簡単さ、便利さにはまってしまいそうです。

f:id:mishimasaiko:20170112140305j:plain

↑ 積んでみました。まだまだ余裕あります。高さは1mのパイプをつなげましたが、1.5mでもいいかもしれません。2mだとちょっと圧迫感あるかな。

計算上は幅2m×薪長さ40cm×高さ1m×2列で1.6立米つめる計算です。

 

これでとりあえず追加の薪置き場を確保です。なんとか時間をつくって薪運びしたいです。

煙の正体

f:id:mishimasaiko:20161202165035j:plain

悩みの種といえば、コレですよね。

うちの新築予定地は静岡県の片田舎ですが、かといって隣家まで数キロとかそんな環境でもなく普通に(接道を隔てて)隣家も存在する程度の市町村です。もし薪ストーブで連日の煙モクモクなんてやろうもんなら即苦情、使用中止の危機ですので、なんとしてもそれだけは避けねばなりません。

…実は、いまからちょっと心配してます。


でも、そもそも、煙の正体ってなんだって話ですよ。

ということで、今回は我々を悩ます「煙」について調べてみました。

  • Wikipediaによれば「不完全燃焼の結果によってできる微粒子を含んだ空気の固まり」とのことです。
  • もっと細かく言うと、
  • ① 薪は炭素を含み、加熱すると燃えやすい可燃ガスとなって気化する
  • ② 高温下、可燃ガスが酸素と結びついて燃焼する。(熱と光に変換される)
  •   ⇒ 全ての可燃ガスに酸素が結び付き、全て燃焼する=完全燃焼
  •   ⇒ 全ての可燃ガスに酸素が結び付かず、一部しか燃焼しない=不完全燃焼

この不完全燃焼の際の余った可燃ガスは色々な成分を含み、それが冷えると固体の微小な粒になるものがある。それが空気中に視認されること=煙ということです。


ということで、煙=不完全燃焼の産物ということになりますので、ようは不完全燃焼を防げばいいのです。

◎不完全燃焼を防ぐには。

  • 乾燥した薪を使用する(炉内の燃焼温度を下げない)
  • 必要以上に燃焼空気を絞らない(燃焼に必要十分な吸気を与える)

つまり、「良い薪でガツンと焚く。」ってことですね。

 


ちなみに微粒子というのは、ほぼススのことのようです。
しっかり二次燃焼させて、ススも焼ききったクリーンな排煙排気を出したいものです。

 

薪割りが追いつかない

…というかもう薪の置き場が無い。(家には既に4立米程の薪棚が1年稼動し、いい具合に乾燥してきています)

f:id:mishimasaiko:20161202101227j:plain

写真はやむなく親戚の空き地に仮置きさせてもらった玉切りした幹と枝です。
春に積んで以来、割る時間がなく放置プレイ中です。

さらに、ありがたいことに冬季になり今年も原木が頂ける話が耳に届いてきています…。うれしい悲鳴。チェンソー持って駆けつけたいが、あまり時間もなく、玉切りしてからの置き場所もない。

困った…。

薪ストーブユーザーなら誰もが抱える悩みじゃないですかね。

ま、といっても自分はまだユーザーじゃないんですけど!
(いつものオチです)

今日は薄い内容ですいません。

煙突を決める

シングル? 二重? 断熱二重?

業者にもよるだろうけど、何も指定しなければ室内シングル、屋根裏&屋外のみ断熱二重煙突のコスト重視プランでしれっと見積もりが出るんだろうな~。大分値段が変わるし、お客によってはビビって逃げちゃうもんな~わかるわ~

実際、自分が一番最初に門を叩いた某薪ストーブ屋さんも「静岡県なら室内はシングルで十分っすよ」な感じで、本体込みで70万くらいですかね~って言ってた。

で、その頃は俺も右も左もわからなかったから「そうなんだ~」とか思ってた。
それどころか「シングルって一番安いやつだよね。それにしたって結構高いな煙突」とか思ってました。

しかし、その後いろいろと見聞を広げるうちにそれは大いなる過ちであることに気づいた!!!つまりこういうことだ↓

f:id:mishimasaiko:20161130132804j:plain

断熱性が違うと何でいいのか

  • 断熱性が高い⇒排煙される煙を冷やさない→十分なドラフト(上昇気流)が得られる

そうすると

  • タール等の汚れがつきにくい⇒煙道火災を防ぐことにつながる
  • ドラフトが効き易いことで、吸気・排煙機構が設計通りに働き燃焼効率が上がる⇒不完全燃焼を防ぐ(不完全燃焼=煙が出る)⇒あったかい&無駄な煙を出さない

〜〜以上が素人なりのわたくしの理解です。

なんと、薪ストーブの本体がどんなに高性能化しても、それは煙突の性能と両輪であって、ストーブの性能を活かすためには煙突抜きには語れない世界でありました。

 

よって!ケチなわたくしですが、煙突はメトスの断熱二重煙突を選ぶぜ!