読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薪ストーブで冬眠したい

のんびり楽しく暮らしたいです。主に薪ストーブライフ、料理、家作り、子育て、アウトドア、音楽について、 日々感じたことや調べたことを備忘録的にアウトプットしていこうと思います。 静岡県中部。

炉台を検討する

薪ストーブにとって、その佇まいは「本体そのもののデザイン」だけでは完結しない。そう、炉台・炉壁のデザインや素材・作りによっては、ストーブと部屋との調和や趣きが全く異なってくる。(もちろん安全面で無くてはならない物というのは大前提)

いろいろなストーブ屋さんや、そこで貰えるカタログ、ネット上で無数に見る事が出来る施工例やDIY作品の数々…なに一つとっても同じものはないし、どれもカッコいいなと思った。

ということで、炉台、炉壁は大切です。

 

で、建築家先生とか薪ストーブ屋さんに「いい感じに頼むYO!」と投げられれば一番楽でかっこいいものが出来ると思うんですが、

 

いかんせんうちは資金に余裕が無いので、大工さんと協力してDIYの予定です。

でもこれが逆に迷うんだよな~~

f:id:mishimasaiko:20161127224752j:plain↑ 現在の構想。フローリングと同じ高さに段差でないようにタイルひいて、あとはレンガ積むか~?って感じ。背面は壁ではなくて3寸角で格子にしようかと思っています。(自作図面)

f:id:mishimasaiko:20161127224957j:plain

↑イメージ図作ってみました。炉台・壁のテクスチャ変な柄だけど実際は炉台は黒っぽいタイル、炉壁はもっとアンティークなレンガ積みたいね。

 

f:id:mishimasaiko:20161127225122j:plain

↑ というか、もう炉壁なくてもいいかもしれない。こっちのほうがスッキリ。大工さん的にはこっちにしたい、ということだったけど。

 

あと煙突の仕様によって、背面との遠隔距離が変わってくるので(メトスの資料に詳細に書いてあります)、多少寸法は変わるけど。

 

は~

迷う。

そして

早く焚きたい。