薪ストーブで冬眠したい

のんびり楽しく暮らしたいです。主に薪ストーブライフ(ドブレ640CBJ)、料理、家作り、子育て、アウトドア、音楽について、 日々感じたことや調べたことを備忘録的にアウトプットしていこうと思います。 静岡県中部。

煙の正体

f:id:mishimasaiko:20161202165035j:plain

悩みの種といえば、コレですよね。

うちの新築予定地は静岡県の片田舎ですが、

 

かといって隣家まで数キロとかそんな環境でもなく普通に(接道を隔てて)隣家も存在する程度の市町村です。もし薪ストーブで連日の煙モクモクなんてやろうもんなら即苦情、使用中止の危機ですので、なんとしてもそれだけは避けねばなりません。

…実は、いまからちょっと心配してます。


でも、そもそも、煙の正体ってなんだって話ですよ。

ということで、今回は我々を悩ます「煙」について調べてみました。

  • Wikipediaによれば「不完全燃焼の結果によってできる微粒子を含んだ空気の固まり」とのことです。
  • もっと細かく言うと、
  • ① 薪は炭素を含み、加熱すると燃えやすい可燃ガスとなって気化する
  • ② 高温下、可燃ガスが酸素と結びついて燃焼する。(熱と光に変換される)
  •   ⇒ 全ての可燃ガスに酸素が結び付き、全て燃焼する=完全燃焼
  •   ⇒ 全ての可燃ガスに酸素が結び付かず、一部しか燃焼しない=不完全燃焼

この不完全燃焼の際の余った可燃ガスは色々な成分を含み、それが冷えると固体の微小な粒になるものがある。それが空気中に視認されること=煙ということです。


ということで、煙=不完全燃焼の産物ということになりますので、ようは不完全燃焼を防げばいいのです。

◎不完全燃焼を防ぐには。

  • 乾燥した薪を使用する(炉内の燃焼温度を下げない)
  • 必要以上に燃焼空気を絞らない(燃焼に必要十分な吸気を与える)

つまり、「良い薪でガツンと焚く。」ってことですね。

 


ちなみに微粒子というのは、ほぼススのことのようです。
しっかり二次燃焼させて、ススも焼ききったクリーンな排煙排気を出したいものです。