薪ストーブで冬眠したい

のんびり楽しく暮らしたいです。主に薪ストーブライフ(ドブレ640CBJ)、料理、家作り、子育て、アウトドア、音楽について、 日々感じたことや調べたことを備忘録的にアウトプットしていこうと思います。 静岡県中部。

最近のEテレはなかなかいい(ことに今更ながら気づいた)

(今回はちょっと薪ストーブから脱線します。)

娘ちゃんがEテレ真っ盛り!
1歳1カ月の娘ちゃんがEテレ大好きなので、ついつい朝と夕方(基本同じ番組を放送)一緒に見てしまいます。
しかし、今更ながら最近のEテレはセンスがいい。
というか、

 

言い換えればNHK~教育テレビなんてダサいもの、なんてずーっと思ってたんですよ。少なくとも自分が子供時代は。(もちろん「みんなのうた」は大昔から名曲が揃ってますが。)
で、最近の何がいいって、音楽がいいですよね。
自分のような80年代生まれ、90年代に青春を過ごした世代がニヤっとなる抜擢が目立ちます。(特に渋谷系を通ってきた人たちにはたまらない感じになってきている気がします。)

ガヤ的注目ランキング

1.「シャキーン」で今放送中『こころね/May

シャキーン! うた - キッズワールド NHK Eテレ こどもポータル

https://www.nhk.or.jp/kids/shakiin/song/shakiin_song66_kokorone.html

おおお、作詞作曲が中村弘二さん!ナカコー!スーパーカーですよ!
そして放送で流れるMVにもナカコーさんと同じく元スーパーカーフルカワミキさんが出演されています。(ナカコーさんいい年のはずなのにいつまでもお若い!!)
サビ前のシンセストリングスの音色をはじめ後期スーパーカーエレクトロニカ感を感じさせるサウンドで、カッコいいです。
(実際はかなり爽やかに、最近のサウンドに寄せた感じではありますが。)
出演者のメイちゃんの歌声もマッチしていて、非常に完成度が高い一曲。

↓参考動画 スーパーカー「Lucky」


SUPERCAR - Lucky

 

2.「おじゃる丸」のED『プリン賛歌

www6.nhk.or.jp

http://www6.nhk.or.jp/anime/topics/detail.html?i=4451
おじゃる丸の20周年記念ということで、かつてのED「プリン賛歌」の新バージョンが放送されています。聴く人が聴けば「なに、この凄いネオアコ感!」となると思いますが、なにせ編曲が沖井礼二さん。そう、つまりcymbalsですよ!
今回のアレンジも手数の多い跳ねたドラムとファンキーなベースのコンビネーション、ギターの歯切れよさ、まさに初期cymbalsを彷彿とさせ、自分なんかは本当にウキウキします。

↓参考動画 cymbals「Do You Believe In Magic ?」


CYMBALS - Do You Believe In Magic?

 

3.「みいつけた」で放送中新曲『トゲトゲシンデレラ』

www.nhk.or.jp

http://www.nhk.or.jp/kids/program/miitsuketa.html
みいつけたのキャラクター、サボさんとしのはらともえさんがデュエットされています。作詞は向田邦彦さん、作曲は片岡知子さん。
あまり存じ上げない方なのですが、上記2曲に負けず渋谷系好みの(笑)良い曲です。
非常にコード進行が練られており、2人のボーカルパートの絡み方やコーラスの和声も凝っています。簡単に言うと「すごいひねくれてて、小難しい曲なのに凄いポップに聴こえるセンスの良さ」を感じます。

これはYouTubeでも動画があがっていないので、気になる方はEテレを録画してチェックしてください。(どの曲がいつ放送されるかは上記サイトでチェックできます)

「みいつけた」ではその他にも『おっす!イスのおうえんだん』や『なんかいっすー』で今をときめく星野源さんが曲を提供されてたりもします。

 

4.「コレナンデ商会」挿入歌全般

コレナンデ商会 オープニングタイトル - キッズワールド NHK Eテレ こどもポータル

http://www.nhk.or.jp/kids/pv/song/kre_song_op.html
登場人物のジェイさんや人形のブルブル君らが色々と歌っているのですが、もうなんというか、「ものすごい洗練されたサルサ
それもそのはず、音楽担当が塩谷哲さんです。
塩谷さんと言えば、自分の世代的にはやっぱりオルケスタ・デ・ラ・ルスの超絶ピアニストってイメージです。(その他にもSingLikeTalkingなどのサポートで有名ですね)そのご経歴もあってか、「コレナンデ」の挿入歌はサルサ感たっぷりなものが多いです。

↓ 参考動画 オルケスタ・デ・ラ・ルス


SALSA NO TIENE FRONTERA オルケスタ・デ・ラ・ルス 2-1991' UPG‐0416

https://www.youtube.com/watch?v=Xut7KY6Mj9o


5.ピタゴラスイッチ挿入歌
栗原正巳さん率いる栗コーダーの劇伴が有名ですが、それ以外にもボーカルとして著名なアーティストが多数参加されています。一例としては、フライングキッズ浜崎貴司さん、GOING UNDER GROUND松本素生さん、奥田民生さんら90年代~00年代を代表するバンドのボーカルが名を連ねています。個人的にはフライングキッズの浜崎さんの歌は地上波ではなかなか聴けないので貴重です。聴くたびに「やっぱボーカルの存在感すげー」と思ってしまいます。


【ピタゴラ】ビーすけを救え「ビーだま兄弟の大冒険」


↓ 参考動画 浜崎貴司 かえりみち


浜崎貴司/かえりみち【MUSIC VIDEO CLIP】

https://www.youtube.com/watch?v=xTB5lNxo-Ks

 

6.「デザインあ」劇伴&挿入歌
これはもう、担当コーネリアスこと小山田圭吾さん説明不要ですね。

↓ 参考動画 cornelius 「MUSIC」


CORNELIUS - MUSIC

 

いやー、払いたくない受信料払ってて良かったです。

その他にもたくさんありますが、長くなりそうなのでこの辺で。チャオ。